症状を知る

鼻づまりになる病気について

鼻づまりになる病気の代表格にアレルギー性鼻炎があります。これは花粉症などにいう「季節性鼻炎」と慢性的に症状がでる「通年性鼻炎」があります。「季節性鼻炎」の症状が長引いてしまうと、「通年性鼻炎」になりかわってしまう場合がありますので、注意しなくてはなりません。 花粉症の症状で悩んでいる日本人の数というのは、人口比率に換算して、約3割に上るとも言われ、鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎というのは、国民病といっても、決して過言ではないものと言えます。 このアレルギー性鼻炎のメカニズムとは、鼻から呼吸をしたときに、花粉などの有害物質を鼻の中に入ってしまうためだと考えられます。これらの有害物質が鼻の粘膜に付着してしまうと、アレルギー反応が起き、不快な鼻づまりや鼻水、くしゃみといった症状が出ます。

アレルギー性鼻炎の治療法について

アレルギー性鼻炎の治療は二つあります。一つは薬による治療です。耳鼻科などの専門の医療機関の治療の入口は、まず、薬の処方からです。これで薬が鼻づまりなどの症状に有効であるかどうかをみます。有効ならば引き続き薬による治療が続けられます。これが、もし有効でないとされれば、もう一つの治療法である、手術が検討されることになります。これは「下鼻甲介焼灼術」というもので、長年の鼻づまりで肥大化した鼻の粘膜組織の下鼻甲介というところを、レーザーや高周波を使って、縮小させるというものです。 手術といっても、入院などの必要はなく、多くは手術をしたその日のうちに帰宅することが出来、術後の経過も極めていいとされています。

Copyright © 2015 つらい鼻づまりに効果的な解消法を紹介するので試してみよう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com